• 独学でプログラマーを目指すブログ

スマートフォンをはじめとして、世の中には以前とは比べ物にならないほどの高性能な機械を様々な場面や場所で使用するようになりました。この技術の進歩の根幹ともいえるのがITです。ITは加速度的に進歩を続け、これからも成長していくでしょう。ITの基礎となっているのがプログラミングです。プログラミングとは平たく言えばプログラムを書くことを示しています。このプログラムがあらゆる機器の中で機能しているおかげで、今日の社会があります。プログラミングが出来ればこれからの時代、あらゆる場面で有利に働くことでしょう。ではプログラミングができるとどのような仕事に就けるのでしょうか。

まずは名前がまさにプログラミングを仕事で使うことを表しているプログラマーです。プログラマーは仕様書に沿って、 プログラミングを主に行う職業です。実際に手を使ってプログラムを書いていくので、長時間パソコンの前で作業しても苦ではないという人に向いているでしょう。プログラマーの仕事はIT企業で働く上での基盤作りでもあると言えます。IT企業で働くことになった場合には、研修を経てからこのプログラマーの職で経験を数年つむということが多いようです。

プログラマーの経験を積み、経験値が上がると今度は先ほどの仕様書を書く立場へとキャリアアップします。仕様書を書いている仕事の人をシステムエンジニアと言います。システムエンジニアの仕事内容の範囲は、それぞれの会社によってまちまちであるため一概には言えません。上流工程である顧客とのヒアリングから、下流工程であるプログラミングを行う作業までやる会社もあれば、上流工程だけという会社もあります。システムエンジニアになるとプログラマーの時とは違い、様々な人とコミュニケーションをとる必要が出てきます。そのため中には、コミュニケーションをとるのが苦手であるという人はプログラマーとして腕を磨き、職人のように会社に貢献するという人もいます。